2010年04月29日

言葉の持つ力。

どぅも。今日は雨降りの一日でした。陽気な引きこもり、884でございます。

今日は言葉の持つ力、というか、効果について少し。

言葉って、相手にすごい影響を与えることがあります。それゆえに、使い方を誤るととんでもないことになったり、えらい誤解を招いたりすることもあります。

相手が目の前にいて、表情が読めるのであれば、その危険性はやや低くなりますね。冗談なのかホンキなのか、全く悟らせない相手なら別ですがw

でも、相手が目の前にいなかったらどうでしょう?

本人は冗談のつもりでも、聞いた側は傷ついているかもしれません。だから私は、特にメールやチャットでは、できる限り表情が読めるような書き方をするように心がけています。「あ、これは誤解されそうだな」と思えば、すかさずフォローも入れます。

それはやっぱり、顔が見えず、声も聞こえていないから、ですね。顔文字を入れるようにしたのも、どういう表情でその言葉をいっているか、想像してもらいやすいように、と考えたからです。

そういう意味では、メールやチャットの方が、コミュニケーションをとるのが難しいのかもしれませんね^^;
posted by 884 at 18:59| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | そのたもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。